債務整理をするための流れの決め方とは

  • 債務整理初心者とブラックリスト

    • 債務整理初心者の人にとって、「ブラックリストに載ってしまうのではないか?」という心配が頭をよぎるかもしれません。



      ブラックリストとは、信用情報機関の持つリストのことを指し、国内では「株式会社日本信用情報機構」「株式会社シーアイシー」「全国銀行個人信用情報センター」などが有名です。


      クレジットカードの申し込みや住宅ローンを組むといった際に、こられの会社に問い合わせ情報を得るという方法がとられます。
      では、債務整理をした場合ですが、これはブラックリストに記載されることになります。


      自己破産、個人再生、任意整理のすべてが記録されます。



      短いところで発生日から5年、しかし銀行個人信用情報センターでは10年間記録が保管されます。



      債務整理初心者の人は、今現在の自分の信用情報が気になることもあるでしょう。



      そういう場合は、開示請求をすれば分かります。さらに、もし情報が間違っている場合は、調査訂正の依頼をすることも可能です。


      なお、債務整理を実際に行っていなくても、3か月以上支払いを延滞した事実があると、延滞期間中ずっとブラックリストに記載されることになります。



      たとえば、ホームローンや車のローン、クレジットカード請求の滞納で、知らぬ間にブラックリストに載っている可能性があるというわけです。


      初心者の人とは、債務整理に躊躇してしまうかもしれません。

      しかし、ブラックリストに載ることを覚悟で、早目の手続きをすることをお勧めします。



  • 関連リンク

    • 債務整理つまり借金の法的な整理などを専門家に依頼するときには、初心者の場合にあってはできるだけ無料の相談会をうまく利用することが大切となります。突然弁護士事務所等に電話した場合などは、その電話での相談時間について、1時間いくらといった具合に費用が発生することが大半だからです。...

    • 債務整理初心者の人にとって、「ブラックリストに載ってしまうのではないか?」という心配が頭をよぎるかもしれません。ブラックリストとは、信用情報機関の持つリストのことを指し、国内では「株式会社日本信用情報機構」「株式会社シーアイシー」「全国銀行個人信用情報センター」などが有名です。...